海辺の
     オカヤドカリ達

沖縄のサンゴ礁・・・・・白いサンゴの砂浜に美しい模様が描かれています。
その模様は、毎日まいにち書替えられます。

 オカヤドカリは、海辺に住んでいますが海水から少し間を置いて、陸地の岩の隙間
や、林の中に住んでいます。
海から離れて生活する事が出来るのですが子孫を残す
ためには、海が必要なのです。

 また、海には豊富な食料があるので海から離れる訳にはいかないのです・・・・・。

 

 
そして今日も、白いサンゴの砂浜に
     美しい模様を描きながら
オカヤドカリ達は活動をしているのです
















サンゴの砂浜を横切って、
オカヤドカリの足跡が描かれる・・・・・

海と林との間
足跡の先に、1匹のオカヤドカリ…

 





           オカヤドカリの
       夜中の集会

 オカヤドカリ達は、海辺から人がいなくなり安全になると、海辺を這い回り
活動を始めますが、
一方では草の葉に一斉によじ登り何やら始める仲間もいま


 残念ながら、私はまだこの集会に呼ばれたことがないので、オカヤドカリ達
が何を始めようと
しているのか分かりません
 私が近付くと、気配を感じたオカヤドカリ達は草の上から一斉にいなくなる
ためです。

  
  夜中、草の葉に集まって行われるオカヤドカリ達の集会・・・・・?
何時の日か、オカヤドカリ達の集会場から招待されるのを心待ちにしているのですが…。


イソギンチャクを付けた
ヤドカリ達

イソギンチャクを殻に付けるヤドカリは、何種類かいます。
既にこのホームページで紹介したソメンヤドカリの他に
 カブトヤドカリや、イボアシヤドカリ、ヨコスジヤドカリ等がいます。

今回はソメンヤドカリと、ヨコスジヤドカリの写真をご覧ください。

  ソメンヤドカリ
 食事中のソメンヤドカリと、
ベニヒモイソギンチャク
 立派なベニヒモイソギンチャクを付けた
ソメンヤドカリ


  ヨコスジヤドカリ
大きなイソギンチャクを付けた
ヨコスジヤドカリ
 
ヨコスジヤドカリ 




ヤドカリ達(1)

春夏秋冬、海辺のタイドプールを覗き込むと、
必ず居るのがヤドカリです。
驚くと殻に引込んでしまうので、
誰でも簡単に捕まえることができます。
ヤドカリ達は、動作が可愛らしく
人気者です。

 ホンヤドカリ  雌を抱えたホンヤドカリ
 ケアシホンヤドカリ  オイランヤドカリ


ヤドカリ達(2)


  トゲツノヤドカリは
 変った形の
第二触
 角を持ています。

  まるで鳥の羽のよ
 うな構造になってい
 て
それを振り回して
 浮遊する餌を引
 けて食べます。





   トゲツノヤドカリ→
 


ヤドカリ達(3)

タイドプールで見られるヤドカリ達は
一見どれも同じ種類の様に見えますが、
案外いろいろな種類の
ヤドカリ達が居ることに気付きます。

   
  コモンヤドカリ
コモンヤドカリは、夜間潜水すると
必ず出会います。
   イソヨコバサミ(左)と、
          ヤスリヒメヨコバサミ
 


ヤドカリ達(4)

沖縄のサンゴ礁で見たヤドカリ達。
コモンヤドカリは、夜間潜水すると必ず出会います。
ザンゴの上を元気に這い回っています。

   
 サンゴヨコバサミ  スベスベサンゴヤドカリ
   
  コムラサキオカヤドカリの棲息地  コムラサキオカヤドカリ
コモンヤドカリとマンジュウヒトデ アオホシヤドカリ