海の底から

30m〜40m海底の様子を見てみましょう・・・・・

海の底の植物のような動物

海底は、地上とは異なる神秘的な世界が形成されています。
地上に木や草が生えているように、
それに似た様な生物が生息しています。
彼らは光の届かない薄暗い世界で、潮の流れを遮るようにして
海底にしがみつくようにして、植物のように枝葉を伸ばし生息していますが・・・
植物ではなく、れっきとした動物なのです。

彼らは、海底の岩に根を下ろし、動き回ることは出来ず、
潮の流れで運ばれてくる豊富なプランクトンを
枝に出来た小さなイソギンチャクのような触手を持つポリプで
プランクトンを餌として捕らえます。

 
 水深が30mを超えると、
太陽の光はその殆どが吸
収され、ブルーの世界とな
ります。
 ストロボの閃光が走ると
一瞬、光の届いた範囲が
見事な カラーの 世界とな
ります。
 この様な世界に棲む 生
物達は、この色の違い を
どのように認識しているの
でしょうか。